顔の手入れ
`

クリニックでシミ解消

照射

レーザー光線と光マシン

シミや肝斑、そばかす、くすみなど解消する美白治療には、レーザー治療や光治療があります。レーザーでは炭酸ガスレーザー、Qスイッチヤグレーザー、ルビーレーザーなどがよくシミ取りに用いられています。単一長波を持つレーザー光線は、周辺組織を傷つけずにメラニン色素だけを分解する働きがあります。シミができている部分にレーザーを照射すれば、しばらくするとかさぶたとなって剥がれていきます。複数回の照射が必要な場合もありますが、一回の照射で完治する場合もあります。肝斑に用いられているのがレーザートーニングという最新マシンです。従来は肝斑治療にレーザーはタブーでしたが、レーザートーニングの誕生で肝斑にもレーザーが照射できるようになりました。広範囲にわたる肝斑のほか、そばかすにも有効です。IPLという光を照射するフォトフェイシャルも、美白治療に使用されています。フォトフェイシャルは局地的な治療に有効なレーザーとは対照的に、広い範囲にわたる肌トラブルを解消できます。

併用すると効果的

レーザー治療器や光治療は医療機器の一種なので、美容外科や美容皮膚科などの医療機関で治療が受けられます。「ケミカルピーリング」や「高濃度ビタミンCイオン導入」なども美容外科や皮膚科で受けることができる治療です。マシン系の美白治療と併用して行うと、美白効果がアップします。ケミカルピーリングは溜まった古い角質を溶かすフルーツ酸を用いて行う美肌治療です。古い角質が剥がれることで、シミの元となるメラニン色素も落ちやすくなります。シミ以外にもニキビやニキビ跡のクレーターにも有効です。ターンオーバーを整えることができるので、アンチエイイングにもなります。ケミカルピーリングと一緒に行われることが多いのが高濃度ビタミンCイオン導入です。イオン導入マシンを用いて、高濃度ビタミンC溶液を肌に浸透させていきます。ビタミンCにはコラーゲン生成促進作用、抗酸化作用、メラニン細胞の増殖を抑える作用などがあります。美白効果だけではなく、その他にも美肌効果が沢山ある治療です。