顔の手入れ
`

しみの原因と対策

肩を触る人

しみの種類

しみと一言にいっても、原因や病状にはいくつかの種類があります。最も一般的なしみが「老人性色素斑」です。老人性色素斑は紫外線の影響で角化細胞に異変が生じ、過剰にメラニンが生成されることで発症します。メラニンが発症してもターンオーバーが正常であれば排出されますが、睡眠不足や老化などでターンオーバーが乱れていると、排出されずに皮膚の表面に残ってしみになります。「肝斑」もしみの一種ですが、主に紫外線の影響で発症する老人性色素斑とは違い、ホルモンバランスの乱れなど内的要因から発症することが多いしみです。おもに40歳以降の女性に見られる病状で、頬骨のあたりから広い範囲にわたって発症します。ほとんどの人が閉経とともになくなります。小さいしみが頬骨のあたりに散らばって発症するのが「そばかす」です。そばかすは若い人でも発症するしみです。基本的には遺伝の影響が強いといわれていて、子供のころにできて大人になって消える人もいれば、紫外線にあたることで逆に濃くなる人もいます。

有効な対策法

しみは普段の心がけで予防することができますが、できてしまったら美容皮膚科クリニックなどで美白治療を受けることをおすすめします。美容皮膚科では様々な方法でしみ治療ができます。老人性色素斑には炭酸ガスレーザーがよく使用されています。一般的に多い普通の老人性色素斑は、ほとんど炭酸ガスレーザーで消せます。レーザーに抵抗がある人には、美白剤のハイドロキノン・トレチノイン軟膏療法があります。美白効果があるハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏をしみに塗れば、1ヵ月〜3ヵ月ぐらいかけて薄くなっていきます。肝斑の治療にはレーザートーニング、トラネキサム酸の内服投与、ホルモン補充療法などが効果的です。レーザートーニングを1週間〜2週間おきに3回〜6回くらい繰り返すと、さらに肝斑が目立たなくなります。そばかすには光治療のフォトフェイシャルがおすすめです。フォトフェイシャルには肌全体をクリアにする効果があります。美白、美肌、アンチエイジングに優れた効果を発揮する治療です。